Lesson/ピアノ弾き語り

レッスンについて

ピアノ弾き語り科 | 東京,中野,にある【音楽スクール】、好きな曲をうまく演奏できるようになれる音楽教室です。初心者もプロも演奏の楽しさを大切にして上達できるようにレッスンをしていきます。
【実績32年】ピアノ弾き語りスクールの音屋です。

ピアノ弾き語りレッスンの特徴

ライブに出演しよう。バナー

 
録音とCD配信をするバナー

 
自分の曲を動画配信

 
作家デビューの方法

 
snsや集客ツールを使って自分を宣伝
 

-

初めてピアノを習う方も安心のレッスン内容。
独自のレッスン内容・練習方法による指導により、歌いながらピアノを弾けるようレッスンを行っております。

❶初めてピアノを弾く方

基本コード・基本伴奏の練習
基本パターンによる曲の練習

❷簡単な曲を弾きながら歌えるようになった方

伴奏パターンの組み合わせ
弾き語りアレンジ
コード譜面作成
耳コピー
キートランスポーズ
オリジナル曲の作詞作曲

❸ライブ出演などを目指してレッスンしたい方

アンサンブル演奏
ライヴ出演
レコーディング
オリジナル曲のプロデュース
CD制作


など、私たち講師陣があなたに合った練習方法・レッスン内容を提案致しますので、楽しみながら一緒に上達を目指しましょう。

-

ピアノ弾き語りについて

ピアノを弾くだけでも初心者には難しいことなのにそこに歌を合わせるのはかなり大変そう。
ですがコツさえつかめば初心者でも簡単な曲から弾き語りができます。
 
ピアノの手の動きは初めは難しく感じますが、まずは沢山触わって慣れるということが大事です。
初心者の方でも弾き語りで用いられるコードを数ヶ月ほど練習していれば押さえて弾けるようになります。
 
コードがある程度分かってきたら次は歌と同時にピアノを演奏するステップです。
まず最初は鼻歌程度で歌いながらピアノを弾いてみましょう。
そうすれば体の力が抜けるので楽に取り組むことができます。
緊張して歌えない時などがありますので、そういうときは体にある余計な力を抜くことが肝心になります。
 
初めから全てのことを一度に練習するのではなくピアノのときはピアノ、歌の時は歌と分けて考えそれぞれに集中して取り組み、
どちらも単体で無理なく演奏できるようになったところで合わせていくという風に考えると気持ちも楽になります。
 
弾き語りは伴奏も歌も自分が演奏しますので、自分好みにアレンジしたり自由が利くので表現の幅を広げた演奏ができます。
 
しかし歌とピアノどちらもこなさなければなりませんのでどちらかに専念はできません。
なのでピアノの難易度はピアノソロの時よりは低い目に設定して余裕を持って演奏できるようにするとうまくいくと思います。
 
なによりもまずは弾き語りというものを楽しんであなただけの表現を見つけていってくださいね。

-

音屋 レッスンの特徴

ボーカル

自分の好きな楽曲でレッスンが出来る。

プロのアーティストの様に伸びのある声はどうすれば出るのか、自分が好きなアーティストの曲を教
えて頂き、その楽曲でレッスンを行っております。
 
尚、はじめから難しい曲に挑戦する気持ちは大切な事ではありますが、講師が段階を踏んで基本を
体に入れてから難しい曲に挑戦していくプログラムをご提案する場合もありますので、一度無料体
験レッスンにてご相談ください。

 

高い声・低い声が楽に出せるようになる。

自分の声の音域をより広く出せるように基本的な発声練習と、持続して安定したピッチを出すことが
出来るトレーニングを行っております。
 
この基本を習得・レッスンして今まで好きで歌っていた曲を歌い直してみると、またひとつ違った角度
からその楽曲が見えてきて、より楽に歌うことが出来るようになります。

 
自分自身の声を発見出来て、

もっと歌うのが好きになる。

当スクールのボイストレーナーは熟練した講師が在籍しており、あなたの声を分析すると共に分かり
やすく、どうすればより声が出て曲によってどう歌い回せば良いか的確にレッスンを行っております。


ピアノ

弾き語り用のピアノアレンジ法も学べる!

レッスン内で自分が好きな楽曲や自身のオリジナル楽曲のアレンジ法も学べるからライブやイベント
などに出演する際の目標として1曲づつレパートリーを増やして行きましょう。
 
譜面が読めない方も安心のレッスン内容。

お手本として講師と一緒にレッスンを行っており、少しずつ自身のペースに合わせて学べるので、好
きな楽曲を簡単にしてレッスンを行ない少しずつ慣れてきたら演奏法を変えつつ上達を目指しましょ
う。


 ボーカル×ピアノ

好きな時に集中したレッスンが可能!

今日は歌の発声練習だけを集中してレッスン!来週のレッスンはピアノだけをレッスン!など好きな
タイミングでレッスンを行うことが可能となります。
 
もちろん1日にボーカルもピアノも一緒にレッスン可能となり、弾きながら歌う事を目標として日々レッ
スンを行っております。



毎月決まった時間じゃなくても

好きな時にレッスンが可能!

毎週◯曜日;◯時からと決めてレッスンを行うのではなく、ご都合の良い時間にてレッスン予約が頂
けます。尚、ピアノはこの先生。ボーカルはこの先生。など、自分に合った講師を担当する事も可能
となります。 
 
月謝コースで決まっているレッスン回数とプラスして普段習ったことが無い先生のレッスンも可能とな
りますのでお気軽にお問い合せ下さい。

-

ピアノの購入について

電子ピアノ、またはステージピアノを買う時には、プロでもアマチュアでも色々と悩むものです。
その中でも全くの初心者が買うときに、一体どんな基準で選べば良いのでしょうか?
 
新しく楽器を始める方、以前ピアノを習っていてまた始めてみたいと思う方など様々なケースはあるでしょうが、購入するなら用途をしっかり決めてコストパフォーマンスが良いものを選びたいですよね。
 
「ピアノを始めるならせめてアップライトピアノを持たないと」なんて話をよく耳にしますが、一概にそうとも言い切れません。
 
その理由は、200kg近く重さもあり設置するにも場所を取ります。
値段も88鍵なら40万円~100万円とかなり高額になってしまいます。
その上調律の必要もあり維持費がかかってしまいます。
 
「電子ピアノやキーボードでは鍵盤の重さが違う、音がぜんぜん違う!」と言われてしまいますが、古典やクラシックなどではなく、ポップス、バンド演奏、趣味、作曲、音の入力で使うのなら、あまり神経質になりすぎず、手頃なものをおすすめします。
音に関しても部屋の中で演奏するのはそんなに音量を必要とせず、一人暮らしなどされているかたはイヤフォンを使って練習する分には「1万円~5万円などの価格帯」の電子ピアノで十分です。
 
5万程度のコストでも十分なクオリティにしてしまったといったところでしょうか。
見た目の高級感などは除外して、「ピアノの練習をする為」という実用面だけで見れば高いピアノを最初から購入する必要はなく、まずはコードのポジションや好きな曲を演奏出来るようになってから、好きなアーティストが使っているものや憧れのあるものを選びましょう。
 
実際にスクールではレッスンを行いつつ、各生徒さんに合ったものをおすすめしますので、まずは無料の体験レッスンにお越し頂き、お気軽にご相談くださいませ。

-

体験レッスンの申し込みバナー

ギター弾き語り科の内容バナー
ピアノ弾き語り科の内容バナー
ピアノ弾き語り科の内容バナー
弾き語りレッスンの体験レッスンのバナー
弾き語りスクールの講師紹介バナー
弾き語り教室のキャンペーンバナー